Loading

CONCEPT

ウェディングフォトに関わるクリエイティブな集合体

ハレの日の記憶をいつまでも残すために

会場などでの制限がない限り、できるだけ2人のフォトグラファーで撮影させていただきたいと考えています。
それは、視点の異なる表現者が同じ会場に入ることで、より幅広い表現が可能であるから。
それでいてリーズナブル。会場委託の業者に依頼するよりもお安いことがほとんどです。
私たち自身が、完成形であるアルバムを作る際に、”Two Photographers”であることに喜びを感じています。

自由な発想から生まれる、「記録」以上の
見せたくなる「作品」を手元に残したい――

ブライダルのカメラマンは「黒子」でしょうか。
業者だからそれが普通、そう思われる方も多いと思います。しかし、無表情に機械のように撮り続けるカメラマンがいい作品を残せるでしょうか。この世の中に無数にいるカメラマンの中でも、新郎新婦やゲストと「一緒に楽しめるカメラマン」を目指したい。

思い出を残せる立場だからこそ、私たちも楽しんだ分、結果が変わると信じています。

フォトグラファー2名でも非常にリーズナブル。
式場委託の業者1名分の金額とぜひ比べて下さい。

フォトグラファーとして作品としての写真の完成形は「プリント」です。
ブライダル写真ならそれは「アルバム」。ぜひアルバムまで作成させて下さい。
もちろん高品質で価格は抑えたものです。アルバムをめくる度にフォトグラファーが
2名いたメリットを感じられると思います。
テイストの違う写真はアルバムに深みと奥行きが出ます。
実は私たち自身もアルバムを作る際に「作品」としての価値を感じています。